妊娠初期に気を付ける事

妊娠初期は、つわりをはじめ体の異変や色んな症状があらわれるから、とくに食事に気を付けましょう。妊娠初期とは、約4ヶ月間を指します。妊娠初期はさまざまな症状があらわれます。つわりがではじめる。妊娠1ヶ月頃に微量の出血がある。体がだるい、眠い、熱いなど。またホルモンのバランスによって、おりものが変化したり、乳房が張ったり、イライラしたり、人によっては違うかもしれませんが色んな症状が見られます。特に妊娠初期の食事には気を付けましょう。避けたい食事は生もの系や、インスタントラーメンなどの添加物がたくさん入っているものやコーヒーや紅茶などカフェインのあるものは摂らない方が良いです。鉄分やミネラルの多いバランスの良い食事を摂りましょう。また大変重要なのは葉酸です。赤ちゃんの神経系や脳の発達に大変な役割を果たしますし母親の貧血防止にも役立つ栄養素です。この葉酸が不足すると神経管欠損症などの赤ちゃんの奇形や先天性障害の危険性があります。厚生労働省では女性には1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取するよう勧めています。赤ちゃんを産む計画をしている三か月まえくらいから葉酸を摂ると良いでしょう。食事で摂れない時はサプリメントで補いましょう。

妊娠の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP